スポンサードリンク


103万円と130万円


パートタイマーやアルバイトの方がよく気にする103万円という金額。


「扶養範囲を外れちゃうから、これから仕事量をセーブしないと・・」
「1ヵ月85,000円くらいに抑えないと・・・」などなど。


そもそも、パートタイマーの方が気にする103万円とか扶養の範囲とか
どういうことを意味するのでしょうか?


一般的に扶養と言うと、奥さんが夫の扶養になるパターンが多いと思われます。
収入が103万円以下(所得が38万円以下)の扶養されている人(妻)には所得税がかかりません。一方、旦那さんは妻を扶養しているということで所得税(税金)が安くなります。


会社によっては、家族を扶養している場合は、「家族手当」などの支給があったりもしますので、どうしても妻を扶養の枠内で抑えておきたいという意識が働きます。


扶養されている人(妻)の所得が38万円以下(給与収入のみの場合は103万円)となれば、基礎控除で控除され所得税はかかりません。


ちなみに、社会保険料もかかりません。俗にいう国民年金被保険者第3号になります。


一方、130万円とは社会保険の扶養になれるかどうかの金額です。

103万円と130万円。金額が似ていてややこしいですが、年末調整でかかわってくるのは103万円の方ということになります。


年末調整の時期になると会社から、年末調整関係書類の提出を求められると思います。どうしても扶養枠内で抑えたい人は、調整するしかありませんよね。ちなみに、103万円はその年の12月31日現在で判断することとされています。


posted by 年末調整のやり方 at 13:37 | 年末調整の扶養控除

マイナンバーと平成27年の年末調整


マイナンバーの取り扱いと平成27年の年末調整について


会社の方が平成27年分の年末調整をやる際に、
従業員のマイナンバーを収集しなければいけないのかと
疑問に思っている方も多いかも知れません。


平成28年分の扶養控除等申告書を平成27年中に会社に提出すれば、
平成27年の年末調整に関しては、
あえて既存従業員のマイナンバーを預からなくてもいいことになっています。


通常の会社は、11〜12月上旬にかけて扶養控除等申告書を回収することになる
と思いますので、そのパターンでいけるところが多いと思われます。


逆に言うと、平成28年1月以降に扶養控除等申告書を提出する場合には、
マイナンバーの記載が必要となるようです。


給与所得の源泉徴収票に関しては、
平成28年1月1日以降の給与支払い分から記載の必要が出てきます。


平成28年の源泉徴収票に関しては、
平成29年1月末までに税務署へ提出(提出義務のある役員、従業員)することになっています。


とにかくマイナンバーに関する社内体制が整っていない会社の場合には、
まずはその管理体制をしっかりと整えることが先決です。





posted by 年末調整のやり方 at 09:41 | マイナンバー

所得と収入?どう違うの?

年末調整をやる上で、「扶養の範囲」や「所得の見込み額」
などは重要な項目のひとつです。

○誰を扶養にしているのか?
○扶養にしている人に所得があるのか?
○ある場合にはいくらなのか?


したがって、会社から配られる「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」には、
所得の見込み額を書くようになっています。


では、そもそも「所得」とは何のことをいうのでしょうか
また、{収入」と「所得」はどのように違うのでしょうか


簡単にわかりやすく言ってしまうと、
「所得=収入−経費」ということです。

収入とは、例えば、会社から給料をもらっていた場合の人では、
その給料の額のことをいいます。

そして、その給料から経費(この例では給与所得控除額)を
引いた額が所得になります。

※給与所得控除額は、収入金額が161万9千円未満の場合には
65万円とされています。



そして、税務上扶養に入れるのは、
この所得が38万円以下の人とされているのです。

収入と所得の違いはこのようになっているのです。






posted by 年末調整のやり方 at 08:31 | 収入と所得の違い
TOPに戻る


スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。