スポンサードリンク


給与所得者の確定申告

給料をもらっている人(サラリーマン)が確定申告する事例




●給与年収が2,000万円超えている人
・・・働いている会社では年末調整をしないこととされているからです。


●給料を複数の会社等から給与をもらっている人
・・・1箇所でしか年末調整は出来ないことになっているからです。


●年金と給与をもらっている人
・・・年金所得が20万円を超える人のみです。


●退職して退職金をもらった人の一部
・・・退職時に「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない人のみです。


●退職してからその年中に再就職していない人
・・・前職の年末調整がまだ済んでいないからです。


●入院などして高額な医療費がかかった人
・・・通常は、家族全員1年間で10万円超の医療費がかかった人が対象です。


●住宅ローンでマイホームを買った人
・・・住宅ローン控除(取得した年だけです。翌年からは違います。)

などの場合があります。

このほかにも、
サラリーマンが確定申告をしなければいけない場合がありますので、不明なら税務署に確認してみてください。



103万円と130万円の違い
posted by 年末調整のやり方 at 12:06 | 確定申告と年末調整
TOPに戻る


スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。