スポンサードリンク


年末調整後の再調整 

年末調整のやり直し・再調整について

通常の場合には年末調整を終えれば
あとは源泉徴収票などを本人に渡すのみといった感じで
終わりになることが多いと思いますが、

もしも年末調整後に扶養親族等の異動があった場合や本人の申告に
間違いがあって訂正する場合には、どうするのでしょうか?


例えば、
結婚して控除対象配偶者を有することとなった場合や
生命保険控除などをあとになって提出してきた場合、
配収者の所得金額が間違っていたことが分かった場合などです。


この場合、異動の申告を受け、年末調整のやり直しができます。

ただし、この年末調整のやり直し(再調整)ができるのは、
「給与所得の源泉徴収票」を受給者に渡す翌年の1月31日までとなっています。

また、年末調整によらないで確定申告することも可能です。
(その他医療費控除などや住宅控除の1年目の方なども確定申告することになりますが・・・)

年末調整は、サラリーマンや会社員にとって税務の総決算的な処理です。

担当者や従業員の方は、間違えないように適正な処理をしてくださいね。
posted by 年末調整のやり方 at 17:44 | 年末調整やり直し 再調整
TOPに戻る


スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。