スポンサードリンク


103万円と130万円


パートタイマーやアルバイトの方がよく気にする103万円という金額。


「扶養範囲を外れちゃうから、これから仕事量をセーブしないと・・」
「1ヵ月85,000円くらいに抑えないと・・・」などなど。


そもそも、パートタイマーの方が気にする103万円とか扶養の範囲とか
どういうことを意味するのでしょうか?


一般的に扶養と言うと、奥さんが夫の扶養になるパターンが多いと思われます。
収入が103万円以下(所得が38万円以下)の扶養されている人(妻)には所得税がかかりません。一方、旦那さんは妻を扶養しているということで所得税(税金)が安くなります。


会社によっては、家族を扶養している場合は、「家族手当」などの支給があったりもしますので、どうしても妻を扶養の枠内で抑えておきたいという意識が働きます。


扶養されている人(妻)の所得が38万円以下(給与収入のみの場合は103万円)となれば、基礎控除で控除され所得税はかかりません。


ちなみに、社会保険料もかかりません。俗にいう国民年金被保険者第3号になります。


一方、130万円とは社会保険の扶養になれるかどうかの金額です。

103万円と130万円。金額が似ていてややこしいですが、年末調整でかかわってくるのは103万円の方ということになります。


年末調整の時期になると会社から、年末調整関係書類の提出を求められると思います。どうしても扶養枠内で抑えたい人は、調整するしかありませんよね。ちなみに、103万円はその年の12月31日現在で判断することとされています。


posted by 年末調整のやり方 at 13:37 | 年末調整の扶養控除
TOPに戻る


スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。