スポンサードリンク


年末調整する訳

そもそも、なぜ年末調整をしなければいけないのでしょうか?

年末調整とは、給与支払者(一般的は会社)が毎年年末に行なう税務事務作業のことで、給与の支払を受ける人(一般的には社員)がその年に納付しなければいけない所得税の金額を、あらかじめ毎月その人のお給料から源泉徴収された所得税と比較して、その過不足を精算する事務作業のことです。

会社によっては還付する場合、還付となった現金を
手渡しで渡しているところもあり、従業員にしてみると
なんか得した気分になる方もいることでしょう。

もちろん、還付ばかりではなく今までの分が不足していた場合には、
徴収されることになりますが・・・・。


源泉徴収額に過不足が生じる理由としては、

●税額表の性格によるもの
・・・源泉徴収の税額表は、毎月、支給される給料は変わらないものとして税額表がつくられていることによるもの。

●扶養親族の異動
扶養親族の就職などで扶養人数がかわった場合や扶養になった家族が増えた場合などは遡及して修正しないとされていること。

●生命保険控除、地震保険控除
年末に一括控除することになっていることによるもの

などの理由からです。

正しく申告しないと間違った税額となってしまうため、
年末調整は重要な作業となります。

posted by 年末調整のやり方 at 15:42 | 年末調整とは
TOPに戻る


スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。