スポンサードリンク


地震保険料控除について


地震保険料控除(地震等損害部分の保険料又は掛金)
として最高5万円を総所得金額から控除できます。


ただし、経過措置として、
平成18年12月31日までに契約した「長期損害保険契約等」
については、平成19年以降の各年において、
従前の損害保険料控除と同様の金額の控除が適用される
ことになっています。

上記の場合(地震保険料控除と旧長期損害保険料の両方適用の場合)であっても、
控除合計額は最高で5万円です。

また、長期損害保険については、
一定の条件がついていますので、注意が必要になります。


例えば、保険期間又は共済期間が10年以上であることや
平成19年1月1日以降にその損害保険契約の変更をしていないことなどです。


また、1つの損害保険契約が地震等損害により保険金や
共済金が支払われる損害保険契約等と
長期損害保険契約等のいずれの契約区分にも該当する場合には、
いずれか一方のみを選択して、地震保険料控除の控除額を計算します。


posted by 年末調整のやり方 at 08:46 | 生命保険料・地震保険料控除証明書

年末調整と生命保険料控除

生命保険料料控除・損害保険料控除を受けるためには、
会社にその証明書を提出しなければいけないことになっています。

でも中には提出までには間に合わない人もいたりします。

「突然言われてもどこにしまったか分からない。」
「控除証明書ってどんなものでしたっけ?」
「家のどこかにあるはずなんだけど、見つからない。探せば絶対にある!」


こんな場合、どうするのでしょうか?

実は、12月末日までに払う保険料がわかっているなら、
来年1月末までに「生命保険料控除証明書」「損害保険料控除証明書」
を必ず提出する事を条件に、証明書無しで記載された金額をもとに、
年末調整しても良い事になっています。


したがってどうしても間に合わない人などは
会社に事情を話し、来年1月までに提出するようにしてくださいね。


ただし、翌年の1月31日までに、提出されない場合は、
年末調整の再調整を行い、不足額を2月以降に支給する
給与から徴収することになりますので、
会社の担当者も従業員の方も注意が必要です。





posted by 年末調整のやり方 at 21:57 | 生命保険料・地震保険料控除証明書
TOPに戻る


スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。